住宅改修 トップページへ戻る
手すり1本の取り付け工事から、バリアフリー住宅への改修まで・・・
より快適な毎日のために、安全な住環境を整えることをおすすめします。
 手すり1本の取り付けから、バリアフリー住宅への改修まで・・・
高齢者が寝たきりになる原因のうちでももっとも多いのが、転倒です。

しかも、自宅のちょっとした段差などの身近な場所での事故がとても多いのが現実です。

特にお風呂場などは、とても滑りやすいうえに、無防備な裸ですので、大きなケガなどが起こりやすい場所です。

不安定なドアや洗面台、タンスなどに、ついつかまったりしていませんか?
必要な箇所に、適切な手すりを1本取り付けるだけで、ずいぶんと安心・安全になります。

住宅改修と福祉用具を組み合わせれば、より安全で快適になります。
 住宅改修の事例をご紹介いたします
 
屋外の手すりは、水に濡れてもすべらないように加工されており、雨が降った日でも安心して外出できます。
また、段差解消として、外まわりスロープや階段を設置することで、より外出しやすい環境になります。
玄関の上がり框(かまち)が高いと、上り下りが大変ですが、踏み台を設置して階段上に小さな段差に分けることで、玄関の上り下りが楽になり、外出しやすくなります。
階段は家の中でもとても危険な箇所のひとつです。手すりを取り付けることで、階段からの転倒を防止しましょう。
居室の床を畳からフローリングに替えることで、すべりにくくなり、転倒を防止できます。
また、重量のある介護用ベッドなどを安全に設置することが出来ますし車イスや歩行器などの使用もスムーズになり、自立を促し、生活が快適になります。
小さな段差も、すり足歩行の方や足が上がりづらくなった高齢の方にとって危険な箇所です。
低いスロープを取り付けて段差を解消することで、つまづく危険性が少なくなります。また、室内での車イス移動も容易になります。
室内の物につかまりながらの移動は転倒のリスクが高くとても危険です。
壁に手すりを取り付けることにより、安全に移動することが出来ます。位置や高さなどを、利用する方の身長等に合わせることで、しっかりつかまることができ、立ち上がりがしやすくなり、自立を促し快適に環境になります。
浴槽のふちや壁につかまって浴槽に出入りするのは大変危険です。
浴槽内の手すりはすべりにくく加工されており、しっかりとつかまって、出入りや立ち上がりをすることが出来るので、転倒事故を防ぐことができます。
室への出入りの段差は、スノコで解消できます。スノコはすべりにくい素材で出来ていますので、転倒防止にもなります。 シャワーキャリーなどの用具の導入もしやすくなります。
※スノコは「介護保険購入」の入浴補助用具の扱いとなります。
 住宅改修にも、介護保険が利用できます
介護保険による住宅改修費の支給は、対象となる工事費用のうち20万円を上限として、その9割が保険から給付となります。
給付を受けるには、要介護認定が必要となります。 
 <介護保険の対象となる工事>
@ 手すりの取り付け
A 床段差の解消
B すべり防止及び移動の円滑化等のための床材変更
C 引き戸等への扉の取替え
D 洋式便器等への便器の取替え
E その他、@〜Dの住宅改修に付帯して必要となる工事
※工事内容によっては、認められない場合もありますので、事前に市区町村の介護保険課や担当ケアマネージャーにご相談ください。
※手続きには、申請書・理由書・改修前後の写真等の書類が必要となります。
各自治体によっても違いますので、詳細につきましては、市区町村の介護保険課や担当ケアマネージャーにご確認ください。
 住宅改修についても 「まごの手」 にお気軽にご相談ください
経験豊富なスタッフがお宅を訪問し、必要な改修のアドバイスをいたします。
書類の準備、ケアマネージャー等への連絡調整等、面倒な手続きは、「まごの手」が無料で代行いたします。
サービス地域等につきましては、直接「まごの手」にお問合せください。(営業所のご案内はこちら

トップページへ戻る
Copyright 1999 by SASAKI CARE SERVICE CO.LTD. All rights reserved